幻のフルーツフェイジョア

フェイジョアはどこのフルーツ?

南米ウルグアイ原産フトモモ科の熱帯果樹。

現在では、ニュージーランドが最大の生産地。一般家庭でも多く消費され、
ヨーグルトやアイスクリームなどに加工される他、
乾燥させた果肉を使ったフェイジョアティーが広く飲用されています。
逆に原産地である南米ではそれほどメジャーではなく、一部で生食される程度のようです。

日本では1980年代にキウィフルーツと同じ時期に新果樹として注目されたこともありましたが、
栽培等の難しさからあまり普及しませんでした。

幻のフルーツフェイジョア 写真

フェイジョアはどんなフルーツ?

ゆうゆうファームのご案内 写真

果実の外見は、グリーン色の卵形。大きさはキウイフルーツほどです。
果実には食物繊維が多く、又ポリフェノールは「チョコレート」と、
ビタミンCは「みかん」と同等ぐらいに豊富です。
果肉はクリーム色で柔らかく、内側のゼリー質の触感、独特の甘い芳香、
まろやかな風味は従来のフルーツには無いものです。
酸味と甘みのハーモニーがさっぱりして大人の味を堪能できます。

フェイジョアの収穫は、11月、12月!

ゆうゆうファームのご案内 写真

生で食べられるチャンスは毎年11月、12月のわずかな期間しかありません。
1つ1つの果実を軽く手のひらで触り、自然に樹から離れるものを収穫する
タッチピックといわれる方法で収穫します。
これは、落果を待たず、早く収穫すると糖度が落ちるという考察があること、
また自然落果では果実に傷がつくおそれがあるためです。
タッチピック法は大変手間のかかる作業ですが、
最上のフェイジョアをお届けできる方法なのです。

また、フェイジョアは、癒し系の素晴らしい香りが楽しめるもの魅力ですが、
エキゾチックできれいな花も魅力の一つです。
6月下旬~7月上旬には、フェイジョアの「花見会」も開催しております。

丸山さんちのフェイジョアブログはコチラ